杉デンタルクリニックブログ

唾液を増やして虫歯を予防しよう

2021-05-13

はじめまして!去年の10月から杉デンタルクリニックで働き始めました、受付・助手の吉田です。まだまだ勉強中ですがお気軽にお声掛けください。

 

今回は唾液についてお話します。

毎日しっかり歯磨きしているのに何故か虫歯になりやすい…という方はいらっしゃいませんか?

虫歯といえば甘い物の食べすぎなどを考える方が多いと思いますが、いくつもの原因が重なり合って発生します。虫歯になりやすい人となりにくい人がいますが、その差の一つとして唾液量の違いがあります。唾液は口の中の細菌を流す役割を担っており、分泌量が多いとその役割は強力になります。誰でも意識すれば日常の癖や生活習慣によって分泌量を多くすることができます。

 

☆唾液の機能

①自浄作用

汚れを洗い流す作用。適度な粘性を持った唾液が口の中の汚れを洗い流します。

②緩衝作用

口の中を中性に保とうとする作用。飲食による様々な刺激に対して元の環境に戻そうとします。

③再石灰化作用

虫歯菌により溶けかけた歯を修復して強くする作用。

④抗菌作用

菌やウイルスに対して殺菌・抗ウイルスをおこなう作用。

⑤消化作用

糖を分解して細かくする消化酵素の作用。

⑥湿潤作用

口の中を保湿してくれる作用。

 

☆唾液の分泌量が少なくなる原因

・口で呼吸をする

・ストレスを感じている

・糖尿病、腎不全などの病気をもっている

・口の中が乾きやすくなる副作用がある薬を服用している

 

☆唾液の分泌量を多くするには

①よく噛んで食べる

唾液は噛めば噛むほど多く出るので、食事の時にはよく噛んで食べましょう。

②適度に水分補給をする

水分補給をすると唾液の分泌を促進します。

③リラックスする

緊張により交感神経が優位になることで副交感神経が抑えられ、唾液の分泌量が減少します。リラックスしましょう。

④鼻呼吸する

口呼吸をすると乾燥した空気を口に取り込み唾液が蒸発するため、口が乾きやすくなります。

⑤ガムを噛む

定期的にガムを噛めば唾液の分泌を一定に維持できます。ただしキシリトールやPoscaなどのシュガーレスタイプのガムを噛んでください。

 

唾液は虫歯予防に大切な働きをしますが、確実に予防するには唾液だけに頼らず、しっかりとした予防が必要です。毎日のご自身のケアと歯科医院でのケアでお口を健康に保ちましょう。



新着ブログ

ブログ2021/07/20
妊娠と口腔ケア
ブログ2021/06/29
手術とむし歯の関係

診療カレンダー



休診日:水曜・日曜・祝日
★…14:30〜18:00

☎ 078-200-6418

診療科目
歯科、小児歯科、歯科口腔外科
診療内容
むし歯治療、歯周病治療、入れ歯、予防歯科、訪問歯科、 審美歯科、レーザー治療、顎関節症、外傷、 ホワイトニング、スポーツ用マウスピース
診療予約
お電話にてご予約ください。
駐車場

当院南の路地を下って左側、六甲八幡神社駐車場向かいに専用駐車場がございます。

No.11・No.12・No.13になります。

どうぞご利用下さい。


上記の地図をクリックするとアクセスページに
飛びます

〒657―0051

兵庫県神戸市灘区八幡町2―10―9

阪急六甲駅より徒歩1分
JR六甲道駅より徒歩10分

ページトップへ